OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

【サブピクセル(subpixel)】

【サブピクセル】(さぶぴくせる/subpixel)

画素をさらに細分化したときの呼び方。

対象物の境界や位置を求める時、それらの検出(もしくは計測)精度は、2値化処理後の画像では、1画素となりますが、対象物の境界近傍の輝度勾配を利用することにより1画素以下と高くすることができます。

 たとえば、対象物の寸法計測では、境界近傍の輝度勾配を微分することによって境界を精度高く求めることができます。

この手法のことをサブピクセル処理と呼びます。サブピクセル処理を用いると0.1画素程度の計算結果を達成することができます。