OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

【拡散照明(diffused lighting)】

【拡散照明】(かくさんしょうめい/diffused lighting)

対象物への光の照射方向をランダムにした照明⽅式で、拡散板などを利用して行います。

下図に拡散照明の概念図を示します。拡散光を得るには、積分球を用いることもありますが、⼀般には乳白色のアクリル板などを拡散板として使⽤しています。

 反射照明で、対象物の表面からの正反射を避けるような照明や、カメラの設置角度であっても、表面上の傷や異物などから正反射で強い光が輝点状にカメラに入射することがありますが、このような場合にも拡散照明が用いられます。

また、透過照明においても、均⼀な照明光を得る手段として用いられます。

diffused lighting
拡散照明の問題点は、周波数的要素、すなわち、解像度に影響がある距離感を考慮する必要があることで、その距離感とは、位置をずらすと同じデータを求めることが難しくなるという意味での距離が問題として残る場合がああります。

これらの原因は、拡散のための素材の寸法と関わりがあるためにより微細な粒子を使用する必要も発生します。

拡散に対して散乱はこの要因が少なく、ハイライト部分をつくらないことが特徴の1つとなります。

また、拡散照明の別の問題として、拡散方向の⼀定性があります。これは、理論的には無視できないものですが、産業で適応できる散乱光源がないことが拡散照明の存在理由です。