OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

【エリアセンサ(area sensor)】

【エリアセンサ】(えりあせんさ/area sensor)

対象物の光学像を電気的信号に変換し、2次元の画像として出力する装置のこと。

エリアセンサは、画像処理システムで最も多く使われるセンサで、CCD方式とMOS型方式があります。CCD方式のエリアセンサは、電荷転送の方式により、次のタイプに分けられます。

  1. フレームトランスファ型CCD構造は比較的単純で、受光部の開口 率(有効受光面積比率)が大きく、蓄積部も必要なので、チップとしては大きくなります。また、構造上スミア(明るい部分の上 下に白い縦筋が生ずる現象)が発生しやすい欠点をもっています。
  2. インターライントランスファ型CCD画素に隣接して転送 部が配置されるため、フレームトランスファ型より開口率は低く感度は劣りますが、転送部は遮光されスミアが少なく、チップも 小さくできるためカメラ全体を小型にでき、最も多く採用されています。
  3. フレームインターライントランスファ型CCDフレームトランスファ型とインターライントランスファ型のそれぞれの特徴をあわせもった方式で、放送用などの高級カメラに使われます。一方、MOS型方式は、各画素より信号電荷を信号出力線に直接読み出す方式で、構造が簡単で、低消費電力といった特徴 をもっていますが、雑音が発生しやすいという欠点があります。