OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

2017年上半期版「AIサービスマップ」に9カテゴリ132サービスが増加!農業・アート・VRなど、新たな分野にAIが普及

総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社は、人工知能キュレーションメディアの『AINOW(エーアイナウ)』(http://ainow.ai/)にて、昨年8月に開始した人工知能を活用したサービスをカテゴリ毎にまとめた「AIサービスマップ」の2017年上半期版をリリースした。

 ◆ 各業界で人工知能を活用したデータ分析・業務自動化の需要が高まる
2017年7月現在、公開されている人工知能を活用したサービスをカテゴリ毎に分類し、「AIサービスマップ」を更新した。昨年8月リリースの2016年版から9カテゴリ、132サービスが新たに追加され、2017年最新版では合計32カテゴリ、221サービスに増加した。今までに活用されていなかった農業・アート・VR等のカテゴリが増加し、人工知能活用が伝統産業や芸術的分野にまで普及していることもわかった。

情報量が多い「HR」「不動産分野」では、以前よりチャットボットの普及に伴い、増加の傾向を示していたが、業務自動化やHR Analyticsにおけるデータ活用の動きが高まり、サービス数が更に増加している。

今後は、人工知能の開発ができる会社や人工知能の研究機関に焦点を当てて、「AIサービスマップ」以外にも、「業界地図レポート」を提供し、人工知能に関する膨大な情報整理を行っていく。

 

◆『AINOW(エーアイナウ)』 (http://ainow.ai/)の特徴

  1. 日本初のAI専門メディア
    AIに関する記事だけをテーマに取り扱う専門メディアです。
  2. 情報掲載数は1万件以上。日本国内のAIに関する最新ニュースをAIが収集
    国内のWebサイトからAIに関する情報を収集、AIに関する情報収集は『AINOW』で完結できるサービスを目指します。
  3. 記事をユーザーが評価、探す必要なく役立つ情報が見つかる
    ユーザーが役立つと評価した情報が分かるので、効率よく情報収集することができます。