OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

2019-01-16から1日間の記事一覧

【光源(light source)】

【光源】(こうげん/light source) 電気的またはその他のエネルギーを変換して光を発生する機能をもつもの。画像処理システムによく用いられる光源としては、つぎのような種類があります。

【空間フィルタ(spatial filtering)】

【空間フィルタ】(くうかんふぃるた/spatial filtering) 中心画素とその周辺画素の輝度に重み付けを行い、積和演算または非線形演算によって求めた値をその中心画素の値とする処理のこと。 画像に含まれる雑音の低減や線・エッジの強調・検出などを行う場…

【疑似カラー(pseudo-color)】

【疑似カラー】(ぎじからー/pseudo-color) 輝度ごとに任意色を配色したカラー表現。 白黒の濃淡画像では微妙な輝度の違いが目視ではわかりずらいので、画像の輝度に色を対応させることにより微妙な輝度の違いを明確化できるのが疑似カラーです。

【輝度(brightness)】

【輝度】(きど/brightness) 画素の明るさのこと。 照明の分野では、輝度は物体の輝度として、観測方向に垂直な単位面積当たりの明るさで定義されますが、画像処理システムでは、濃淡画像における画素の明るさのことをいいます。

【輝度ムラ(umiformity)】

【輝度ムラ】(きどむら/umiformity) 輝度ムラとは、輝度データの偏差率を指す場合と、見た目での均⼀性がない場合を指す場合との2通りがあるが、過去では、データの偏差率を言っていた。 近年になって、液晶のムラ率として見た目での均⼀性から変化がある…

【拡散照明(diffused lighting)】

【拡散照明】(かくさんしょうめい/diffused lighting) 対象物への光の照射方向をランダムにした照明⽅式で、拡散板などを利用して行います。 下図に拡散照明の概念図を示します。拡散光を得るには、積分球を用いることもありますが、⼀般には乳白色のアク…

【外部同期方式(external synchronization)】

【外部同期方式】(がいぶどうきほうしき/external synchronization) 画像処理系で生成されたタイミング信号(同期信号)を使ってカメラを同期させ、映像信号を出力させる方式です。

【外観検査(visual inspection)】

【外観検査】(がいかんけんさ/visual inspection) 対象物の外見上の欠陥を抽出する処理のこと。 人が目で検査する作業を画像処理により自動化することです。検査項目としては種々の製品のキズ、異物の混入、パターン不良の検査などがあります。

【階調(gray leve1)】

【階調】(かいちょう/gray leve1) デジタル画像で、各画素の濃淡の程度を表す数値のこと。 通常のエリアセンサから画像入力を行う場合、各画素の明るさは、白黒入力では8ビット(256階調)、R、G、B(赤、緑、青)カラー入力では各成分が8ビットでA/D変換…

【画像処理ボード(image processing board)】

【画像処理ボード】(がぞうしょりぼーど/image processing board) ボード型の画像処理装置のこと。 画像処理プロセッサやDSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)などの⾼速なプロセッサ、大容量の画像メモリ、それらをつなぐ高速なバスによって基本的な画…