OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

なぜ?「猪肉」「鹿肉」「馬肉」「鶏肉」を『牡丹』『紅葉』『桜』『柏』と呼ぶのか!?

最近、よくテレビの料理番組などでジビエ料理の特集が組まれるなど、「ジビエ」がブームのようです。

ジビエとは、Wikipediaによると「狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣」とありますが、要は野ウサギやシカ、イノシシなどの野生動物の肉のことです。

そんなジビエのお肉のことを、よく「牡丹(猪肉)」「紅葉(鹿肉)」「桜(馬肉)」「柏(鳥肉)」といいますが、なぜこのように呼ぶのでしょうか?

f:id:OTQ:20180305163107j:plain

 「牡丹(猪肉)」「紅葉(鹿肉)」「桜(馬肉)」「柏(鳥肉)」と呼ぶわけ

よく、猪肉を牡丹、鹿肉を紅葉、馬肉を桜、鶏肉を柏といいますが、こう呼ばれる理由は宗教に関係があります。

いまでこそ普通に食べられていますが(たぶん)、仏教では肉食を禁止していました。とはいえ、まったく食べなかったのかというとそうではありません。大っぴらにはしませんが、実は僧侶もお肉を食べていたのです。

そこで、お肉を食べられない僧侶が普通にお肉を呼ぶことができないので、植物の名前にたとえて呼んだのが「牡丹」「紅葉」「桜」「柏」です。

要は、「牡丹」「紅葉」「桜」「柏」は、ある特定の人にだけに意味が通じる隠語(いんご)だったというわけです。

なぜ「猪肉」は「牡丹」?

なぜ猪肉を牡丹というのかというと、猪肉を切って盛り付けるときにボタンの花のように飾って盛り付けたところからきています。

今でも猪鍋(ボタン鍋)を食べる時は、お肉をボタンの花のように盛り付けることが多いようです。

f:id:OTQ:20180305163230j:plain

なぜ「鹿肉」は「紅葉」?

これにはいくつか説があるのですが、古今和歌集にある「奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋はかなしき」という和歌からきているという説と、花札の絵柄にある「紅葉と鹿」からきているという説です。

になみに、花札の絵柄では、鹿がツーンとそっぽを向いているところから「シカト」という言葉ができたようですよ!

f:id:OTQ:20180305163319j:plain

なぜ「馬肉」は「桜」?

馬の肉は、死んだあと短時間で変色してしまいますが、死んだ直後のお肉は綺麗な桜色であるところから、「桜」と呼ばれるようになりました。

馬肉は、熊本県や福島県、長野県などではスーパーなどでも売られているほど県民に愛されている郷土料理の1つです。そのため、猪肉や鹿肉に比べて比較的手に入りやすいお肉です。

f:id:OTQ:20180305163543j:plain

なぜ「鶏肉」は「柏」?

関西の方などは、鶏肉のことをよく柏とよびますが、日本で食用とされていた鶏の色が柏の葉の色に似ていたところから「柏」と呼ばれるようになったようです。

f:id:OTQ:20180305163608j:plain

さいごに

鹿肉は脂質が少なくタンパク質が豊富、さらに鉄分も多いので、女性におすすめのダイエットに向いているお肉のようですよ!