OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

お茶ってなにが体にいいの?お茶・緑茶は健康の達人だった!

夏・冬問わず、自動販売機やコンビニなどで買うお茶ですが、最近では、抹茶を使用したスイーツなどもたくさん出回り、緑の見た目のキレイさもあいまって、ついつい買ってしまいます。

この日本人なら誰でも大好きなお茶ですが、お茶が体に良いということは有名ですよね!

でもお茶の何が体に良いの?と言われると、いまいち???です。
そこで、今回はお茶がどれほど体に良いものなのか調べてみました。

f:id:OTQ:20171218202047j:plain

カテキン

カテキンとは、お茶を飲んだ時「渋いなぁ」と思うあの成分です。

これは、タンニンとも呼ばれており、赤ワインではの渋みのことをよくタンニンいう言葉で言い表しますが、カテキンと言った方が、今では一般的かもしれませんね。

このカテキンは、消化管に対して「吸れん作用(引き締め、縮める作用)」をもち、腸の活動を活発にしてくれます。さらに、殺菌作用や防腐作用もあり、病原菌に対して効果があります。 

お寿司を食べるとき緑茶を一緒に飲みますが、単にお寿司との味の相性がいいだけでなく、カテキンの殺菌作用が食中毒の予防にもなっているのです。

カフェイン

コーヒーやワインなどに含まれる有名な成分ですね。カフェインを摂取し過ぎには配慮しないといけませんが、適量のカフェインは大脳など中枢神経への興奮作用があり、精神活動を活発にしてくれます。そのため、判断力と思考力が向上するのです。

またカフェインには、ストレス解消の作用もあります。

しかし、カフェインが体にいいはいえ、カフェイン中毒なんて言葉もあるように、カフェインのとりすぎには注意しましょう!コーヒーは受験勉強の友ですが、コーヒーではなくお茶を飲んでみたらいかがでしょうか? 胃にも優しいですしね!

f:id:OTQ:20171218202509j:plain

テアニン

テアニンはアミノ酸の一種で、旨みの中心となる成分です。

テアニンがよく分かるのは玉露です。玉露にはテアニンが多く含有されおり、上品な旨みと甘みを両立しています。

お茶のおいしさは、このテアニンの甘みとタンニンの渋みの調和から生まれます。

香りの成分

たかが香りと言って馬鹿にすることなかれ!香りもしっかりと体にいい仕事をしています。含有量こそ少ないですが、小脳細胞に休息と活力を与えてくれるます。

お茶のにおいをかいで、なんとなくホッとするのは、このためです。

f:id:OTQ:20171218202605j:plain

まとめ

昨今、ガン予防に緑茶が効果的であるといった発表が、立て続けに出されています。緑茶に含まれているポリフェノールとカテキンが細胞のガン化を防ぎ、また、緑茶に多く含まれるビタミン類が発ガン物質の抑える作用があるというものです。

「お茶」には、驚くほど体に良い成分が含まれています。

自販機やコンビニなどで、何飲もうかなぁと迷ったら、「お茶」を選択してみてはいかがでしょうか!