OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

犬の足を守る!犬用の靴下「Skitter(スキッター)」がオンラインストアで販売開始!

獣医師とともに犬との暮らしを考えるブランド「docdog(ドックドッグ)」から、犬の足をケガから守り、予防の手助けにもなる“脱げにくく、滑りにくい”犬専用の靴下がオンラインストアにて販売が開始された。

 飼い主も見落としがちな愛犬の足のリスク

そもそも、靴や靴下を履いて生活している人間と違って、犬は素足でも問題ないように思われがちだ。ところが、現代社会で生活する犬は人工的に作られた物に囲まれているため、多くの危険と隣合わせの環境で生活している。今の時期だと夏の太陽に熱せられ高温になったアスファルトによって生じる肉球の火傷が挙げられる。また、室内の滑るフローリングを乾いた肉球で歩いたり走ったりし、そのひょうしに転んで脱臼や骨折、慢性疾患などを生じるこがある。このような様々なリスクを理解していない犬のオーナーが多い。

 

 愛犬の足を守る犬専用の靴下「Skitter(スキッター)」

 「Skitter(スキッター)」は、獣医師が監修し開発された犬専用の靴下。犬の骨格や構造を考慮して開発されており、“脱げにくく”、“滑りにくい”、さらに伸縮性にも優れている靴下である。滑りにくくなっている要因は、素材にシリコンを用いているからであり、また、靴下が回転しても大丈夫なように、肢の甲のところにも滑り止めが備わっている。脱げにくくなっているのは、犬の骨格や構造を考え設計されているため。可動の軸になる関節部位を緩めに、その前後は締め付ける。このような独自の絞り加工にすることで、活発に動いても脱げにくくなっている。

 

獣医師からのコメント

開発に関わった獣医師は次のようにコメントしている。

犬も年をとってくると、足腰が弱って踏ん張りがきかなくなります。また、さまざまな病気やそれに伴う手術などが原因で四肢の保護が必要になったり、体力の低下から体温調節が難しくなったりすることで、靴下があった方が良い場面などもあるものと考えております。高齢犬が増加していく中で、これからますます屋内での靴下の需要は高まっていくでしょう。飼い主の方が、「もしかしたら、うちのコにも靴下があった方がいいのではないか」、そう思った時に、安心して気軽に試していただける製品を作りたいと考え、今回の製品開発に至りました。(監修獣医師)

 

商品概要
  • 商品名Skitter(スキッター)
  • URL:https://goo.gl/h8XJoA
  • 価格1,350円(税込)
  • 内容:犬用の靴下/2個入り
  • カラー:マリンイエロー・サニーレッド (2色)
  • サイズXS / S / M (3サイズ)
  • 対応犬種:小型犬
  • 素材:コットン、ポリウレタン、ナイロン
  • 使用シーン:滑り防止、高齢犬介護、体温調節、保湿、舐め防止、外傷保護、床傷付き予防