OTQの東西南北!

あれもこれも!欲張りブログ!

大注目の若きプロデューサー “MATZ” デビューEP「Composite」がついにリリース!!

19歳、新進気鋭のダンスミュージック・プロデューサー“MATZ”。6/16に先行リリースされたシングル「I See You feat. Ruby Prophet」は、“ZEDD”、 “The Chainsmokers”や、“Clean Bandit” など名だたる外国人アーティストを抑えiTunesダンスシングルチャートで日本人最高位となる2位にランクイン!

 

 

そんな日本のダンスミュージック界がいま最も注目している若手プロデューサー “MATZ”のデビューEP『Composite』が本日iTunes & Apple Music にてリリース。

初登場でiTunesダンスアルバムチャートにて世界1位の“Calvin Harris”に次ぐ堂々の2位を獲得!!

デビューEP『Composite』のリード曲「I See You」のフィーチャリング・ボーカリストには、“Firebeatz”、“DubVision"、“TomSwoon”、“Audien” といった名だたるDJ Mag Top 100やグラミー賞ノミネートのプロデューサーとのコラボが話題となり本国オランダでは誰もが知るシンガー “Ruby Prophet” を起用。世界中のフロアーを盛り上げるチューンとなること間違いない「Eclipse」の音サビはイントロからは予想出来ない展開が待っている128BPMの王道ダンスミュージック。

また、2000年代初頭クラブのフロアーで毎晩流れた名曲T.O.K.「I Believe」のカバー楽曲にはカナダでグラミー賞に相当する「ジュノー賞」を2015年に獲得したR&Bシンガー“JRDN”をボーカリストとして起用。ダンスミュージック好きにはたまらない、この夏必聴の全5曲を収録。

 

デビューEP「Composite」ついてMATZより…

初めてのEPというまとまった作品を作ることができてとても嬉しい気持ちです。
今回のデビューEP「Composite」は“自分の今までとこれから”をテーマに制作しました。思い出や、今の自分のこれから前へ進んでいく気持ちなどが全て込められた作品になっています。
初めての経験も沢山あり、自分にとって凄く経験値が上がったので次の作品にも凄く影響を与えていくと思います。

とリリースへの思いを語った。

先行リリースされた「I See You」についてネット上では、系統や世代を問わず、多ジャンルの雑誌やファッションショーで活躍中の“瑛茉ジャスミン”のインスタグラムで紹介されSNS上でも話題となり、一足先に聴いた方々からは…

 

「本当にびっくり!センス、クオリティ、Vocal、全て完璧!」

「I See You 購入!! デビューEPみたいなんでこれから応援する!!めっちゃ良い曲」

「今推したい曲はMATZさんのI See Youでっす!」

「仕事帰りの車の中で、ラジオで聴いて、車停めて、すぐ購入!応援します‼︎頑張ってください‼︎」

 

などコメントが多数寄せられている。

 

MATZデビューEP「Composite」ツアーも追加公演が決定!!
現在、決定しているツアー日程に追加公演が決定。MATZ初のツアーはライブセットによるスペシャルプレイで全国7都市を回る予定。

ツアーファイナルの東京9/9はトラックメーカーや深夜のクラブにはあまり馴染みのない方もMATZのプレイを見られるようデイ・イベントでの開催を予定、今後の発表予定の詳細にも目が離せない。
詳細:http://starbase.jp/news/post-2960

 

【作品情報】
MATZ(マッツ)「Composite」(コンポジット)
2017年7月7日 Apple Music & iTunes 先行リリース
iTunes リンク:http://apple.co/2s5zU2f
全5曲 / 通常価格 ¥900(7/31まで限定プライス¥600)
[トラックリスト]
01: The Hybrid
02: I See You (feat. Ruby Prophet)
03: Eclipse
04: I Believe (feat. JRDN)
05: Nostalgia


【プロフィール】
MATZ(マッツ)
エレクトロ・ダンスミュージックから影響を受け、15 歳よりコンピューターを用いて楽曲制作を開始する。

北海道で活動し、SoundCloud に公開したオリジナルトラックかが早くも各地の DJ から注目を集める。

今年 7/7 にはデビューEP「Composite」をリリースし自身初となる全国ツアーも決定。

世界基準の最先端デジタル・クリエイティブ取り入れたスタイルと日本人離れしたスマートなビジュアルは、 日本のダンスミュージックのシーンを牽引するプロデューサーとなるだろう。